模範となった教会 Iテサロニケ1章4~10節

聖書箇所:Iテサロニケ1章4~10節(2回目)

タイトル:「模範となった教会」

 

 テサロニケ人への手紙第一からお話しています。きょうは、1章4節から10節までのところからお話します。タイトルは「模範となった教会」です。

この手紙は、パウロが書いた13の手紙の中で最も早く書かれた手紙です。1章3節でパウロは、彼らの信仰の働き、愛の労苦、主イエス・キリストへの望みの忍耐を思い起こしていると言いました。そしてきょうの箇所には、その彼らの信仰はどのようなものだったのかが語られています。それは、マケドニアとアカヤとのすべての信者の模範となるような信仰でした。パウロやシルワノはこのテサロニケに1か月くらいしかいることができなかったのに、いったいどのようにしてすべての信者の模範になることができたのでしょうか。きょうは、このことについて学びたいと思います。

 

 Ⅰ.私たちの福音(4-5)

 

 まず4節と5節をご覧ください。4節には「神に愛されている兄弟たち。私たちは、あなたがたが神に選ばれていることを知っています。」とあります。

 

 彼らは、「神に愛されている兄弟たち」でした。それは、彼らが何か良いことをしたからではありません。彼らは神から遠く離れていた者たちでした。神を神としてあがめることをせず、感謝もせず、心の欲望の赴くままに生きていました。神に愛される資格など全くありませんでした。にもかかわらず彼らは、神に愛された者たちでした。なぜでしょうか。神が選んでくださったからです。ここには「私たちは、あなたがたが神に選ばれていることを知っています」とあります。

 

 彼らは愛されるように神に選ばれた者でした。それは彼らだけではありません。私たちもそうです。イエス・キリストを信じているすべてのクリスチャンは、神に選ばれた者なのです。私たちはどこか自分の意志で教会に来てイエス様を信じたかのように思っているところがありますが、実はそうではなく、神が選んでおられたので来るようになったのです。ヨハネの福音書15章16節にこのようにあります。「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです」

 あなたがたとは私たちクリスチャンのことです。あなたがたがわたし、すなわちイエス様を選んだのではありません。イエス様があなたがたを選び、任命したのです。それはあなたがたが行って実を結び、その実が残るようになるためです。イエス様が選んでくださったので、私たちはイエス様を信じることができたのです。

 

また、エペソ人への手紙1章4節と5節には、いつ神が私たちを選んでくださったのかが記されてあります。「すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前から彼にあって選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。神は、みむねとみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられました。にしようとされました。」

ここには、「神は私たちを世界の基の置かれる前から彼にあって選び」とあります。いつ選んでくださったのですか?私たちが生まれる前からです。いや、世界の基の置かれる前から、イエス・キリストによってご自分の子にしようと、定めておられたのです。すごいですね。あなたはずっと前から選ばれていたのです。

 

 このようなことを申し上げると、「じゃ、救われない人は、あらかじめそのように定められていたんですか、そんなの不公平じゃないですか」と言う人がいますが、決してそうではありません。Ⅰテモテ2章4節には、「神は、すべての人が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。」とあるからです。すなわち、神は、すべての人が救われることを望んでおられるということです。それなのに信じようとしないとしたら、それは神の側に問題があるのではなく、信じようとしない人の側に問題があるのです。神から差し出された救いの恵みを受け取ろうとしないで、自ら拒んでいるわけですから。神の救いはすべての人に差し出されているのであって、すべての人が救われることを神は望んでおられるのです。ですから、もしあなたがその差し出された救いを受け入れるならば、あなたも神に選ばれた者なのです。テサロニケの兄弟たちは、差し出された救いの恵みを素直に受け入れました。それは彼らが神に選ばれた人たちだったからです。

 

 5節をご覧ください。ここには「私たちの福音は、ことばだけでなく、力と聖霊と強い確信を伴って、あなたがたの間に届いたからです。」とあります。これはその理由です。テサロニケの人たちがなぜ福音を信じるようになったのかということです。それは、パウロたちによって伝えられた福音が、ことばだけでなく、力と聖霊と強い確信を伴って、彼らの間に届いたからです。どういうことでしょうか?福音はただのことばではないということです。福音は神の力です。Ⅰコリント1章18節には、「十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。」(Ⅰコリント1:18)とあります。また、同じⅠコリント2章4節にも、「私のことばと私の宣教とは、説得力のある知恵のことばによって行われたものではなく、御霊と御力の現れでした。」(Ⅰコリント2:4)とあります。

すなわち、パウロが伝えた福音のことばはただのことばではなく、そこに力と聖霊と強い確信が伴っていたということです。これはしるしや奇跡といった神の不思議な御業が現わされたというだけでなく、彼らの生き様を通して福音が力強く証しされていたということです。「あの人はどこか違うなあ。本当にいい人だ。ただのいい人を越えて、何か神の力を感じる」といった感じです。それはここに、「私たちの福音」とあるからです。「私たちの福音」とは何でしょうか。それは、私たちが所有している福音のことです。福音が自分たちのものになっているということです。ただ私たちが信じているというだけでなく、それがすっかり板についているということです。すなわち、彼らはこの福音に生き、福音に立って歩んでいたのです。そこにはものすごい聖霊の力が現れていました。その福音がテサロニケの人たちに伝えられたのです。

 

 皆さんはどうでしょうか。「私の福音」になっているでしょうか。確かに福音によって救われましたが、私の福音と言えるまでにはなっていないかもしれません。この福音が「私の福音」と言えるまで福音にしっかりととどまり、福音に生きる者でありたいと思います。そこに力と聖霊と強い確信が伴うようになるからです。

 

 Ⅱ.聖霊による喜び(6)

 

 次に6節をご覧ください。ここには「あなたがたも、多くの苦難の中で、聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、私たちに、そして主に倣う者になりました。」とあります。

 

 福音は力と聖霊と強い確信を伴ってテサロニケの人たちにもたらされましたが、一方、テサロニケの人たちはそれをどのように受け止めたでしょうか。ここには「あなたがたもまた多くの苦難の中で、聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、私たちに、そして主に倣う者になりました。」とあります。聖霊の力と強い確信をもって語られた福音のことばを、テサロニケの人々も聖霊による喜びをもって受け入れ、パウロたちと、そして主に倣う者になりました。多くの迫害の中にあっても、です。それだけ聖霊の力が働いていたということです。

 

 皆さん、クリスチャンの歩みは決して良いことずくめではありません。良いことがあれば悪いこともあります。クリスチャンになったら何もかもがバラ色になるというわけではないのです。イエスさまがいばらの冠を被らせられたように、クリスチャンの生涯にもいばらが生えていることがあるのです。バラもあればいばらもあります。しかしクリスチャンはそうしたいばらの中にあっても喜ぶことができます。なぜなら、クリスチャンの喜びは聖霊による喜びだからです。それはこの世が与える喜びとは違います。それは状況がどうであれ、決して奪い取られることがない喜びです。一般的に健康の時は喜ぶことができても、いざ病気になったらその喜びはどこかに吹っ飛んでしまいます。お金があれば喜べますが、無くなった途端に不安になります。友達がいれば喜べますが、友達に裏切られたり見捨てられたりすると落ち込んでしまいます。それまで抱いていた喜びがいっぺんに吹っ飛んでしまうのです。しかし、聖書が与える喜びは、どのような状況にあっても奪い去られることがありません。

 

 一週間前に東京パラリンピックが閉幕しましたが、パラリンピックアスリートの輝いた姿に圧倒されました。ある人は生まれながらに目が見えなかったり、またある人は交通事故で脊椎を損傷して車いすでの生活を余儀なくされたり、ある人は仕事の事故で腕を失ったりと、それぞれが肉体のハンディキャップを抱えながらも、突き抜けた喜びを感じました。「障害」というと、一般的にはマイナスイのメージがありますが、パラリンピックについて言えば必ずしもそうとは言い切ることができないと思いました。健常者と同じように、いやそれ以上に喜びに溢れていました。たとえ肉体にハンディキャップを抱えていても、彼らからその喜びを奪うことはできません。聖霊による喜びも同じです。たとえ状況がどうであれ、そうしたものによっては決して奪い取られることはありません。テサロニケの人たちはこの聖霊による喜びをもっていたのです。聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、主に倣う者になったのです。

 

ペテロは、迫害によって散らされていたクリスチャンたちに対してこのように書き送りました。「そういうわけで、あなたがたは大いに喜んでいます。いまは、しばらくの間、さまざまな試練の中で、悲しまなければならないのですが、あなたがたの信仰の試練は、火で精錬されつつなお朽ちて行く金よりも尊く、イエス・キリストの現れのときに称賛と光栄と栄誉になることがわかります。あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。これは、信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。」(Ⅰペテロ1:6-9)

「そういうわけで」とは、イエスさまを信じて罪赦され、永遠のいのちが与えられたので、ということです。言い換えるなら、聖霊を受けたので、ということです。そういうわけで、私たちは大いに喜んでいるのです。いまは、しばらくの間、さまざまな試練の中で、悲しまなければならないのですが、信仰の試練は、火で精錬されつつなお朽ちて行く金よりも尊く、イエス・キリストの現れのときに称賛と光栄と栄誉になることがわかります。私たちはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。これは、信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。

 

これは信仰の結果なのです。たましいの救いを得ているからなのです。聖霊による喜びがあります。テサロニケのクリスチャンたちには、この聖霊による喜びがありました。それゆえ、多くの苦難の中でも、この聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、主に倣う者となったのです。

 

私たちも同じです。私たちがイエス様を信じた結果、この聖霊が与えられました。ですから、多くの苦難の中でも、聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、主に倣う者になれるのです。

 

Ⅲ.模範となった教会(7-10)

 

第三に、その結果です。聖霊によって伝えられ、聖霊の喜びをもって受け入れられた福音は、いったいどのようになったでしょうか。7節と8節をご覧ください。「その結果、あなたがたは、マケドニアとアカイアにいるすべての信者の模範になったのです。 主のことばがあなたがたのところから出て、マケドニアとアカイアに響き渡っただけでなく、神に対するあなたがたの信仰が、あらゆる場所に伝わっています。そのため、私たちは何も言う必要がありません。」

 

 すばらしいほめ言葉です。激しい迫害の中、パウロ一行はこのテサロニケの町にわずか1か月くらいしか滞在することができませんでしたが、テサロニケのクリスチャンたちはそうした多くの苦難の中でも、聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、主倣う者になりました。それを聞いたときパウロは、どれほどうれしかったことでしょう。その喜びが8節でこのように表現されています。

「主のことばがあなたがたのところから出て、マケドニアとアカイアに響き渡っただけでなく、神に対するあなたがたの信仰が、あらゆる場所に伝わっています。そのため、私たちは何も言う必要がありません。」

この「響き渡った」ということばは、ラッパの響きが広がっていく様を表しています。彼らの信仰はマケドニアとアカヤ地方だけでなく、すべての信者の模範となって響き渡りました。そればかりか、このことばは完了形になっています。つまり、ずっと響き渡り続けていたということです。一時的に響いただけではなく、ずっと響き続け、広がり続けていったのです。もう何を言う必要がないほどでした。これほどのほめことばはないでしょう。何も言う必要がないほどの信仰です。

 

私たちの教会もそのようになりたいですね。私たちの信仰が、このさくら市だけでなく栃木県の全域に、いや全国に、全世界に響き渡り、多くのクリスチャンを励ましていくような、そんな教会となったらどんなにすばらしいことでしょうか。絶対にそうなります。なぜなら、これは御霊なる主の働きによるものだからです。私たちの力では主に倣う者になることはできませんが、御霊なる主にはできます。御霊なる主は私たちを、栄光から栄光へと、主と同じ姿に変えてくださいます。ですから、この御霊により頼むなら、かつてテサロニケで起こったことが、この教会にも起こると信じます。かつて中国の教会がそうであったように、日本の教会も、多くの苦難の中で、聖霊による喜びをもってみことばを受け入れるなら、あらゆる所に響き渡るようになるのです。

 

そのためにはどうしたらいいのでしょうか。二つのことがあります。一つは、偶像から立ち返り、生けるまことの神に仕えることです。9節をご覧ください。「人々自身が私たちのことを知らせています。私たちがどのようにあなたがたに受け入れてもらったか、また、あなたがたがどのように偶像から神に立ち返って、生けるまことの神に仕えるようになり、」

パウロの宣教のことばが、神のことばとして彼らに受け入れられると、彼らは偶像から神に立ち返り、生けるまことの神に仕えるようになりました。回心にはこの二つのことが必要です。つまり離れることと、向かうことです。彼らは偶像から離れ、神に向かいました。このテサロニケには多くの偶像がありました。テサロニケの町からはギリシャの神々オリンポスの山を眺めることができたと言われています。そこにはギリシャ神話の神々を信奉しているたくさんの人たちがいました。それはパウロがギリシャ文化の中心地アテネを訪れた時、そこにあったおびただしい数の偶像を見て怒りを感じたことからもわかります。同じギリシャの地方都市であったこのテサロニケにも相当の偶像があり、それに支配されていました。しかし彼らはパウロを通して語られた神のことばを受け入れたとき、そうした偶像から離れ、生けるまことの神に仕えるようになりました。この「偶像から」の「から」は、偶像からの明確な分離を示しています。中途半端な決別ではありません。明確な方向転換です。180度変わったのです。

 

それは単に木や石できた偶像ばかりではなく、私たちの心の中で作り上げているものもそうです。神以外のものを神よりも大切にするものがあるとしたら、それはその人にとって偶像なのです。クリスチャンもこうした偶像礼拝に陥っていることがあります。それが何であったとしても、テサロニケのクリスチャンたちが偶像から立ち返って、生けるまことの神に仕えるようになったように、私たちもそうした偶像と明確に分離し、生けるまことの神を第一にして、心から神に仕える者でなければなりません。あなたにとっての偶像とは何でしょうか。

 

それから、もうひとつのことは10節にありますが、主の再臨を待ち望むということです。「御子が天から来られるのを待ち望むようになったかを、知らせているのです。この御子こそ、神が死者の中からよみがえらせた方、やがて来る御怒りから私たちを救い出してくださるイエスです。」

 

これはどういうことかというと、テサロニケのクリスチャンたちは、キリストの再臨を待ち望んでいたということです。この「待ち望む」ということばは、赤ちゃんが生まれる時、両親がわくわくしながらそれを待望する姿に似ています。赤ちゃんが生まれてくるのがわかるとそのために備えます。いつ生まれてきてもいいように部屋の模様替えをしたり、ベビーベッドを用意したり、その脇にはオムツを交換する台を置いたり、暑ければエアコンを、寒ければ赤ちゃんの健康にいいヒーターを用意します。産着も、ベビー服も、おもちゃも、ミルクも、ちゃんと用意して待ちます。私たちも娘が生まれた時は部屋の壁紙からカーテンまでも交換しました。それと同じように、テサロニケのクリスチャンたちはイエスさまがいつ再臨してもいいように待ち望んでいたのです。

 

皆さんはどうでしょうか。イエスさまがいつ来られてもいいように、備えておられるでしょうか。その日は本当に近いのではないかと思います。別に脅かしているのではありません。本当にそのように感じます。イエス様が天に戻られて二千年が経ちました。近年の世界情勢を見ると、地球環境や疫病、国家間の紛争など、どれ一つとっても危機を感じます。地球温暖化による気候変動によって山火事や台風、ハリケーンなどの自然災害が多発しています。百年に一度と言われる豪雨が毎年のように起こっています。昨年から続いているコロナウイルス感染症もいつ収束するかわかりません。どんなにワクチンを作っても新しい型の変異株が次々に起こっています。もし核戦争が起こったら地球はひとたまりもありません。

 

米国の原子力科学者会報(Bulletin of the Atomic Scientists)が定期的に発表している終末時計によると、2021年の終末時計は「残り100秒」になっています。これはクリスチャンが言っていることではありません。米国の原子力科学者会が核兵器の脅威など、様々な世界の情勢を鑑みてはじき出している数字です。これによると終末は限りなく近いということがわかります。それは聖書でイエス様が警告していることでもあります。イエス様は世の終わりのしるしとして、どんなことが起こるのかを、マタイの福音書24章で教えてくださいましたが、それによると、世の終わりには偽キリストが現れると言われました。戦争や戦争のうわさも聞くことになります。あちこちで飢饉と地震が起こります。不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えていきます。そうした苦難の日々の後、ただちに太陽は暗くなり、月は光を放たなくなり、星は天から落ち、天のもろもろの力は揺り動かされます。そのとき、人の子のしるしが天に現れます。そして、人の子が天の雲のうちに、偉大な力と栄光とともに来るのを見るのです。その日は、限りなく近いのです。そんなことあるはずないじゃないですか、そんなの絵空事でしょ、牧師さんもとうとうきたなと思っている方も、この中に5~6人いますが、これは本当のことなのです。パウロもこう言っています。「イエスが死んで復活された、と私たちが信じているなら、神はまた同じように、イエスにあって眠った人たちを、イエスとともに連れて来られるはずです。」(Ⅰテサロニケ4:13)と。これはどういうことかというと、イエス様が復活したなんて人間的には信じられないことですが、クリスチャンはそれを信じています。であれば、イエス様が再臨することも人間的には信じられないことですが、本当に起こりますよ、ということです。考えてみると、聖書の内容はどれも人間の頭では信じられないことばかりですが、それでも私たちはイエスが神の子、救い主であり、私たちの罪のために十字架で死んでくださり、三日目に復活したと信じています。それがクリスチャンです。であれば、イエス様が再び来られるということも、そして、そのとき、私たちも復活して天に引き上げられるということも実際に起こると信じることができます。それはもうすぐです。私は、私が生きている間に起こるといいなぁと期待していますが、それがいつなのかはだれにもわかりません。わかっていることは、イエス様は再び来られるということです。

 

テサロニケのクリスチャンたちは、それを待ち望んでいました。それこそ、真の希望です。真の希望とは、与えられたかと思ったらすぐに消えてしまうような一時的なものではなく、いつまでも続くものです。それは復活の希望です。やがてキリストが再臨する時に、永遠に朽ちない栄光のからだに復活します。それがクリスチャンの希望です。それが真の希望なのです。

 

昨日、先日主のもとに召されたIさんの納骨式を行いました。その墓石には「我らの国籍は天にあり」と刻まれていました。そして、その手前の墓石には「復活の希望」と刻まれてありました。これはピリピ3章20~21節のみことばです。「しかし、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、私たちは待ち望んでいます。キリストは、万物をご自分に従わせることさえできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自分の栄光に輝くからだと同じ姿に変えてくださいます。」

これが私たちの希望です。テサロニケのクリスチャンたちは、この希望を告白していました。御子が天から来られるのを待ち望んでいたのです。それゆえ、彼らはこの地上でどんな苦難があっても、信仰に堅く立ち続けることができたのです。いや、彼らの信仰は、マケドニアとアカイアにいるすべての信者の模範となったのです。

 

あなたはどうでしょうか。主が天から来られるのを待ち望んでいるでしょうか。主のご再臨にどのように備えていますか。私たちも、多くの苦難の中で、聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、主に倣う者になりましょう。そして、偶像から神に立ち返り、生けるまことの神に仕えるようになろうではありませんか。そして主の再臨を待ち望みましょう。そのとき、テサロニケの教会がすべての信者の模範となったように、私たちも、そのような教会となれるのです。